お知らせ

  • HOME >
  • お知らせ >
  • Spot vision screenersで「異常」と表示された時の対応
2020 02/09 お知らせ

Spot vision screenersで「異常」と表示された時の対応

Spot vision screenersによる検査で表示される「異常」は不同視、瞳孔不動、近視、遠視、乱視、斜視の6種類です。スクリーニング検査なので「異常」が表示された場合、その後の対応は異常の程度、年齢によって違いますので当日の担当医に御相談下さい。。

Spot vision screeners検査は3歳までの検査が望まれます。その理由は『子育て中のママパパへ』 ☞ココ、『若いお医者さんへ』ココに述べます。